読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「ヌ」・「ネ」・「ノ」】

第23弾は頭文字「ぬ(ヌ)」・「ね(ネ)」・「の(ノ)」」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「二」】

第22弾は頭文字「に(二)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【二】□二階堂ふみ(女優・フ…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「ナ」】

第21弾は頭文字「な(ナ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【ナ】 □中越典子(女優/フ…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「ト」】

第20弾は頭文字「と(ト)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【ト】 □土居まさる(アナウ…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「テ」】

第18弾は頭文字「て(テ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【テ】 □デニー愛川(伝説の…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「ツ」】

第17弾は頭文字「つ(ツ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【ツ】 □津川雅彦(俳優/出…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「チ」】

第16弾は頭文字「ち(チ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【チ】 □千原ジュニア(お笑…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「タ」】

第15弾は頭文字「た(タ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【タ】 □田中角栄(政治家・…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「ソ」】

第14弾は頭文字「そ(ソ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【ソ】□反町隆史(俳優・タレ…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「セ」】

第13弾は頭文字「せ(セ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【セ】□仙道敦子(せんどう・…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「ス」】

第12弾は頭文字「す(ス)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【ス】□杉田かおる(女優・タ…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「シ」】

第11弾は頭文字「し(シ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【シ】□城南電機・宮路年雄社…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「サ」】

第10弾は頭文字「さ(サ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【サ】□桜沢エリカ(漫画家/…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「コ」】

第9弾は頭文字「こ(コ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【コ】□「コンコルド」(超音…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「ケ」】

第8弾は頭文字「け(ケ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【ケ】□京王プラザホテル(44F…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「ク」】

第7弾は頭文字「く(ク)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【ク】□クリスタルキング(「…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「キ」】

第6弾は頭文字「き(キ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【キ】□木村和久(コラムニス…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「カ」】

第6弾は頭文字「か(カ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【カ】 □金田正一(プロ野球選…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「オ」】

第5弾は頭文字「お(オ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それでは本日もお楽しみください。 【オ】 □岡本太郎(画家…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「エ」】

第3弾は頭文字「え(エ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【エ】□江頭2:50(えがしら・…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「ウ」】

第3弾は、頭文字「う(ウ)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【ウ】□上戸彩(女優・タレ…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで【頭文字「イ」】

第2弾は頭文字「イ(い)」にまつわる記号を掲載します。*ダブり・漏れについてははご容赦願います。*参考文献・資料については本シリーズ最終回でまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。 それではお楽しみください。 【イ】□市川海老蔵(歌舞伎役…

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで 【頭文字「ア」】

今回より「東京五輪からTOKYO OLYMPICまで」と銘打ってバブル時代を核に登場した記号を連載していきます。 第一弾は、頭文字「あ(ア)」にまつわる記号を掲載します。(※ダブり漏れはご容赦下さい) 尚、調査にあたっての参考出典等については連載終了時に…

SynchroLabTOKYOの日記 ~ バブル記号再考:「東京オリンピック以降~1960年代」

==========================バブル景気の定義:1986年12月~1991年2月、51か月間========================== 「バブル時代」の礎となった? 東京オリンピック(1964年)から1969年までの “バブル記号” …

SynchroLabTOKYOの日記 ~ バブル記号再考:「ネオ・バブル時代よ再び」

「笑う門には“ネオ・バブル”来る!?」 2016年下期、すい星のごとく現れた、ピコ太郎「PPAP」。 ジャスティン・ビーバーという超強力なフォロワーの気まぐれにより、一躍世界のスターダムに駆け上がったことは記憶に新しい。 この現象を偶然の産物と言ってし…

SynchroLabTOKYOの日記 ~ 「ドキドキ・ワクワク」する新国立競技場建設現場活用のススメ

東京五輪(2020年開催予定)のメインスタジアムとなる新国立競技場の基礎工事が昨年末より本格的にスタートした。 建設工区全体を見渡すことができる東京体育館裏手にある高台バルコニーより工事の模様をうかがう。競技場のフィールドに沿って楕円形に削り取…

SynchroLabTOKYOの日記 ~ 「阿吽の呼吸」が試される渋谷スクランブル交差点

JR渋谷駅前交番前の「世界一混み合う交差点」として今や東京を代表的する観光名所となった、通称「渋谷スクランブル交差点」(正式名称:渋谷駅前交差点)は、東京で暮らしていく人々にとってひとつの“精神修行の場”と言える。 海外からの訪問者や地方からの…

SynchroLabTOKYOの日記 ~ 幻の未来都市計画 「NEO TOKYO PLAN」

今から半世紀以上前に発表された東京湾都市開発計画に関する興味深い資料がある。 その名も「NEO TOKYO PLAN」。 昭和34年「産業計画会議」が公開した「東京湾2億坪の埋め立てについての勧告」である。 概要は、東京湾全体で99,200haの埋立の計画(海岸を39,…

SynchroLabTOKYOの日記 ~ 勝手に「2016 Tokyo Petit-Paradigm Shift 元年」宣言!

paradigm shift (パラダイム・シフト) その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、 社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。 2016年師走の東京は、54年ぶりに初雪が降った11月とは打って変わり、比較的暖かく穏やか…

SynchroLabTOKYOの日記 ~ 【東京再考】脆弱な安全神話の上に成り立つ首都・東京

ここ数か月、都内を歩いていてチョット気になる自然現象にたびたび遭遇した。澄みきった空に複数の細長い雲が発生している。周辺を見渡す限り、飛行物体らしき姿が目視できないことから、(真偽の程は定かではないが)いわゆる「地震雲」ではないかと推測さ…

SynchroLabTOKYOの日記 ~ 新・東京づくりのヒント 「限られた空間活用と、まだ見ぬ空間創造」

都内再開発のトレンドのひとつとしてここ数年、「高架下」の再開発が注目を浴びている。 2016年11月22日にOPENした「中目黒駅高架下」(東京都目黒区上目黒1~3丁目ほか)もそのひとつである。 「SHARE(シェア)」を開発コンセプトにし、目黒川から山手通りを超え…

SynchroLabTOKYOの日記 ~ “ラッキー7”の存在しない東京の町名について

都内23区を歩いていると数字の付いた町名が数多く登場することに気付く。 東京地図の索引覧で数の付く町名を調べてみると面白いことに気付く。 結論から言うと「七」の付く町名が存在しないのだ。 参考までに数の付く町名を列挙してみたい。 「一」・・・一…

SynchroLabTOKYOの日記 ~ 果たして、東京にとってマチナカ広告は必要悪か?!

日本の主要都市は広告で溢れている。 なかでも東京は「広告ゴールデン街」と言えるほど街の隅々までバラエティに富んだグラフィックで埋め尽くされている。 「人が集まるから広告が増えるのか?それとも広告が増えるから人が集まって来るのか?」 もちろん都…

Synchro Lab TOKYO ~ 「東京建築遺産」を歩きながら考えたこと

東京都内には明治時代以降、経済的成功を収めた教養人たちによる名建築が数多く残っている。 京都・奈良が古代~中世建築のギャラリー都市であるならば、さしあたって東京は近代建築のギャラリー都市であると言えるだろう。 動画チャンネル「TOKYO,TOKYO,TOK…

Synchro Lab TOKYO ~ 【東京都市再考】 都市の至る場所で、いろいろなコトが狂い始めている。

先日放映されたNHKスペシャル「巨龍中国 1億大移動 流転する農民工 ~中国“大陸改造計画”」を見て非常に驚愕した。 中国政府(共産党)による経済拡大政策の一貫として、中堅都市と呼ばれる全域を一気に再開発してしまうというスケールの大きさ。しかし…

Synchro Lab TOKYO ~ 【東京都市再考】 消失する風景の中にこそ、真の価値がある

「TOKYO,TOKYO,TOKYO !」の展開中のシリーズ「東京建築遺産」。 歴代の著名建築家設計による文化的価値のある建築物から時を積み重ねた名も知れぬ民家まで、街歩きをしながら「これは!」と私的琴線に触れた建築物を紹介している。 それぞれの建築物は、「十…

Synchro Lab TOKYO ~ 【東京都市再考】 誰かが言った。「シンギュラティがやって来る。気を付けろ!」 …と 

緻密に設計された都市は人間が創造性を発揮するには不向きな場所なのかも知れない。 昨今、先進国の大都市における風景が均一化してきていると言う説も、まんざら的外れな話ではない。 体内に栄養を運ぶ血液のように、都市を形成する膨大な情報にも均一化の…

Synchro Lab TOKYO ~ 『君の名は。』 -----東京原風景に見る「もののあはれ」

大ヒット上映中! 興行収入164億円を突破!!新海誠監督の長編アニメーション映画『君の名は。』の勢いが止まらない。『シン・ゴジラ』とのダブル・ロングラン上映が続く配給元の東宝は予想以上のヒットに驚きとうれしい悲鳴をあげていることだろう。 しかし…

Synchro Lab TOKYO ~ 東京は建築物の宝庫である。

東京は建築物の宝庫である。 歴史ある神社仏閣から日本の飛躍的成長を支えてきた明治、大正、昭和の近代建築、そして平成以降の現代建築まで多種多様な建築物が至る所に存在している。 SynchroLabTOKYOの提供する動画チャンネル「TOKYO,TOKYO,TOKYO !」にお…

Synchro Lab TOKYO ~ どうか神様、“銀河の星屑” が火だるまになって東京へ降って来ませんように(^_-)-☆

商業施設KITTE(東京都千代田区)に「Galaxy Studio(*)」が期間限定[10/20(木)~11/13(日)]でオープン! 一瞬、我が目を疑ってしまった。 今、“爆発スマホ”で世界を震撼させているあのサムスン電子が日本でイベント?? 『Galaxy Note 7』の発火事故に引き続…

Synchro Lab TOKYO ~ 化粧顔の東京、すっぴんの東京

都内に乱立するくたびれた雑居ビルや商業ビルの脇路地を入り裏手に回り込むと、東京の違った顔を発見することができる。表通りから眺めるとピカピカした景色が一旦路地裏に足を踏み入れた途端、ビルの壁一面が複雑に張り巡らされた配管やぐちゃぐちゃに束ね…

Synchro Lab TOKYO ~ ガラパゴス化する東京ハロウィン🎃

★ハロウィーン [Halloween] 毎年10月31日に行われる、ヨーロッパを発祥とする祭り。 もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、11月1日の、カトリックの聖人の日である万聖節(All-hallow)の前の晩に行われる。「 All-hall…

Synchro Lab TOKYO ~ そんなにもめるなら、いっそのことオリンピック辞退すれば!?

カヌー・ボート会場の移転問題についてIOCトップが調整役?として入るという異例の争奪戦が繰り広げられている。 わたしなりに問題の焦点を取り上げてみたい。 ①現行案の変更は大会ルールに反し、日本の国際的信頼を損ね兼ねない(現状維持派=組織委員会…

Synchro Lab TOKYO ~ 六本木ヒルズ以降を考える 「“Change Tokyo” 都民最終意識改革試案」

戦後の高度経済成長期以降、都市開発に邁進してきた東京。これぞ「超・都市TOKYO」と言わんばかりに都内の至る所に大型の箱モノ建造物が建設された。 50年余りが経過し、その耐用年数も限界を迎え始めている。 都内の主要地区では、相変わらず企業の論理で計…

Synchro Lab TOKYO ~ 【提言】築地市場を再始動せよ!

ふと気が付けば世間を賑わせていた「豊洲新市場移転問題」が風化しつつある。マスコミの視線も今や「東京五輪会場候補地移転問題」に関する報道がメインストリームとなり、その風化に拍車をかけている感は拭えない。 果たして、「豊洲新市場移転問題」はどの…

Synchro Lab TOKYO ~ 小池劇場「東京五輪編:東京を暗闇から陽の当たる場所へ」

東京オリンピック・パラリンピックのボート・カヌーの競技会場「海の森水上競技場」の491億円に上る整備費用について、東京都がコストを見直した結果、300億円前後にまで縮減できるという試算をまとめたことを明らかにした。 このニュースを聞いた瞬間…

Synchro Lab TOKYO ~ 訪れるべき東京秘境観光地 [code.2]:気軽に足を踏み入れてはイケナイ新宿

平日昼間の新宿二丁目は人影もまばら。 以前このあたりを歩いていて「いわゆる二丁目ってどの辺りを指すの?」と彷徨い歩いた記憶がある。 今回は事前に調査し、現地に向かった。 ゲイ天国、オカマの聖地、AREA LGBT、GAY TOWN・・・ 新宿2丁目に「新千鳥街…

Synchro Lab TOKYO ~ もう、サーカスには踊らされない。パンを求め始めた東京民 [episode 1]

*** 利権独占者たちが自らの権利を放棄することはなく、上辺だけの最小限の改善しか行わないのと同じように、自治体や国の政治家たちは、建設、保険、財政、そしてホテル業の利益を宣伝する傾向にある。大抵の場合、有権者はサーカス(=娯楽)と、やがて…

Synchro Lab TOKYO ~ 再開発からうかがえる「銀座」と「日本橋」未来天気図

2020年東京五輪パラリンピックに向けて大型再開発が進む「銀座」と「日本橋」へ行ってきた。 この二つの街は東京を代表する商業エリアである。 同じ中央通りをメインストリート持つ連続した商業地区(正確に言えばその間に「京橋地区」がある)であるが、そ…

Synchro Lab TOKYO ~ 訪れるべき東京秘境観光地 [code.1]:杉並区和泉地区

どうしても紹介しておかなければいけない場所がある。 環七通り、甲州街道、井の頭通り、方南通りの4つの幹線道路に囲まれたエリアが、 「杉並区和泉(いずみ)」という地区で1丁目から4丁目まであり、エリアの中央を横断するように神田川が流れている。 …