読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Synchro Lab TOKYO ~ 訪れるべき東京秘境観光地 [code.1]:杉並区和泉地区

どうしても紹介しておかなければいけない場所がある。

環七通り、甲州街道、井の頭通り、方南通りの4つの幹線道路に囲まれたエリアが、

「杉並区和泉(いずみ)」という地区で1丁目から4丁目まであり、エリアの中央を横断するように神田川が流れている。

 

和泉地区は、外国人旅行者がまだ訪れたことのない「東京秘境観光地」のひとつである。中でも和泉一丁目と二丁目エリアは、外国人旅行者に限らず都内在住者も是非一度は訪れるべき場所である。

 

<主な観光スポット>

玉川上水新水路跡バラック街(通称:どろぼう横丁) 和泉1丁目9

②沖縄タウン和泉明店街 和泉1丁目7

③ラポルタイズミ 和泉2丁目27-27

④マインド和亜(ワア) 和泉1丁目13-8

 

<解説>

①⇒環七通りを上馬方面へ進み甲州街道と交わる大原交差点のひとつ手前の交差点(泉南交差点)を右折し細い路地に入ると目を疑う風景が広がる。そこは高度経済成長時代(1960年代)の東京の原風景がそのまま残された貴重な空間である。細い路地の両側に建ち並ぶトタン葺きのバラック街が数百メートルに渡って続く。

②⇒バラック街の終点にあたる「SONY」の古ぼけた看板を掲げる家屋を境に「和泉明店街(通称:沖縄タウン)」がはじまる。沖縄めしを出す居酒屋や食堂、泡盛を扱う酒屋、沖縄野菜を取りそろえる八百屋など沖縄色の強い商店が狭い路地に点在している。

③・④⇒東京Deep案内*」で、「日本のガウディ・梵寿鋼」の前衛建築の存在を初めて知り興味本位で調べていくと、以前訪れた早稲田鶴巻町にある「ドラード和世陀」と同じ建築家ということが判明。しかも和泉エリアに梵氏の作品が2点もあることに驚き速攻で訪れることに。「ドラード和世陀」ほど完成度は高くないが、外観からエントランスに至るデザインやフォルムは、一度見たら忘れないほどの強烈なインパクトを与えてくれる。

 

玉川上水新水路跡・和泉バラック横丁

youtu.be

 

▼Okinawa Town [Izumimeitengai Shopping street] ~ 沖縄タウン和泉明店街

youtu.be

 

▼日本のガウディ・梵寿鋼コレクション in TOKYO

www.youtube.com

▼東京Deep案内

tokyodeep.info

 

▼世界有数のメガポリス「東京」イメージ動画
「TOKYO,TOKYO,TOKYO ! 」 (over 2,000 TITEL)

youtube.com