Synchro Lab TOKYO ~ 小池劇場「東京五輪編:東京を暗闇から陽の当たる場所へ」

東京オリンピックパラリンピックのボート・カヌーの競技会場「海の森水上競技場」の491億円に上る整備費用について、東京都がコストを見直した結果、300億円前後にまで縮減できるという試算をまとめたことを明らかにした。

 

このニュースを聞いた瞬間に湧いた疑問。


こんなに簡単にコストを縮減できるなら、なぜもっと早く試算を行い、情報開示をしなかったのか?

 

どうしても「海の森水上競技場」でなければ困る人たちが苦し紛れに抵抗しているとしか思わざるを得ない。

 

〇今回コスト見直しを発表し明らかに「海の森水上競技場」への引き戻しを画策する?「東京都
〇「海の森水上競技場」のほかに3か所を検討可能な代替候補地として提案をする「都調査チーム

 

同じ「東京都」の組織なのに、素人が見てても分かるような対立構造が見え隠れするのはいかがなものか!
都民は知りたがっている。何が正義なのか?・・・と。

 

更に多くの船頭出現で状況は「国盗り合戦」の様相を呈してきた感。

〇あくまでも当初計画通りに<海の森水上競技場>を押す組織委員会既にゼネコンからリベートもらって引き返せないの?
〇「復興五輪」をスローガンに<長沼ボート場>を推奨する村井宮城県知事大会開催期間15日間で具体的に何が復興できるの?
〇「アスリートファースト」の視点<彩湖>への五輪会場受け入れ用意を表明した上田埼玉県知事(いったいどれだけ埼玉に会場誘致すれば気が済むの?

 

混沌とした事態を収拾するため小池知事が世論に向けて放った情報開示のファイナル・ウェポン 

「小池都知事・バッハIOC会長のフルオープン会談」

 

「Stop・密室会議! Welcome・会議の見える化!!」

「暗闇から陽の当たる場所へ」的演出は、視聴者にとって非常に分かりやすく新鮮で強烈なインパクトを残すことに成功した。

 

そして、4者協議(=都、政府、大会組織委員会、IOC)での最終決着へ。

( ↑ 当然これもフルオープンで協議して欲しい!どうせ民放はやらないから、ニコニコ動画などでネット生中継でも可です!)

 

国民ひとりひとりが最終的に100%納得いかない結果であったとしても、「なぜその結論に至ったのか」というすべての経過が一切のバイアスなしでリアルタイムに「見える化」できる今回の実験は、閉塞感のある今の日本にとってかなり重要な出来事だった気がする。


果たして最終開催地は何処に?!

 

【参考情報】==================

<各競技場のメリットとデメリット>

【海の森水上競技場】
整備費491億円(→都発表の最新試算300億円前後)
<メリット>
・選手村から15分
・国際大会や公園に活用しレガシーに
<デメリット>
・強風による波で風下コースほど不利
・海水なのでボートの傷みや浮力が違う
羽田空港に近く、飛行機の騒音

 宮城県登米市・長沼ボート場】
整備費351億
<メリット>
・風のない穏やかな淡水
・国際基準に適合する2000m コースで五輪アジア予選開催の実績
・復興五輪の象徴
<デメリット>
・選手村から360km

 【埼玉県戸田市・彩湖】
整備費558億円(都の資料から)
埼玉県ボート協会の仮試算では約90億円
<メリット>
・風のない穏やかな淡水
・選手村から45 分
・”ボートの聖地”で全国から選手が集まる。合宿施設もありレガシーに
<デメリット>
・荒川の氾濫を防ぐ調整池のため大雨が続くと使えないリスク

 

=====================

 ▼【YouTube】世界有数のメガポリス「東京」イメージ動画
「TOKYO,TOKYO,TOKYO ! 」 (over 2,000 TITEL)

youtube.com