読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Synchro Lab TOKYO ~ そんなにもめるなら、いっそのことオリンピック辞退すれば!?

カヌー・ボート会場の移転問題についてIOCトップが調整役?として入るという異例の争奪戦が繰り広げられている。

わたしなりに問題の焦点を取り上げてみたい。

①現行案の変更は大会ルールに反し、日本の国際的信頼を損ね兼ねない(現状維持派=組織委員会:森会長

②不透明なコストは、負の遺産を後世に残す+そもそも招致時のテーマは「復興五輪」(見直し派=東京都:小池都知事

 

オリンピック開催の最大の目的「オリンピック・レガシー」。
「オリンピック招致・開催により築いた有形無形のレガシー(遺産)をいかに次世代に継承するか」。
IOCの憲法といえる「オリンピック憲章」にも、次のような一文がある。
「オリンピック競技大会のよい遺産を、開催国と開催都市に残すことを推進すること」

 

ここで「ビジネス的世界標準」に置き換えて、今回の問題を考えてみたい。

企業は中長期経営計画の段階で工場建設の役員承認を得ていたが、いざ建設が具体化した時点で世界経済状況の悪化に加え企業収益減少が重なり、工場建設中止の計画変更が改めて役員会で承認された。

ビジネスの世界では状況に応じた計画変更は、リスク回避の基本である。

工場建設することで巨額な負債を抱えることが明らかに分かっているのに、「役員会の決定を得た中長期計画であるから変更不可」と暴走する企業は、社会的信頼を失い、やがてマーケットから退場させられる運命にある。

コスト・エフェクティブに細心の注意を払い、限られた経営資源の中で最大のパフォーマンスを見せる企業こそ世界的な信頼を勝ち取ることができるだろう。

オリンピックは企業とは根本的に違うという異論があるかも知れない。

敢えて言う、「オリンピックは既にコングロマリット化した巨大スポーツ・ビジネス」である。

多くのマネーが動き、一部の利権関係者(特定の個人、特定の民間企業)が莫大な利益を上げる構造をビジネスと言わず何と言うのか?

更に言うなら、2020年東京オリンピックの筆頭スポンサーは、オフィシャル・スポンサーと呼ばれる一部の民間企業ではなく、「東京都民」であることは間違いない。当然、小池都知事はその筆頭スポンサーである「東京都民」が選挙で選んだ代表者である。

 

小池都知事とトーマス・バッハIOC会長の会談のやり口を見ていて、さすが世界を相手に駆け引きする百戦錬磨のタヌキおやじという印象。

とは言え、「被災で野球・ソフトボール(・・もありかも!)」と言ってみたり、
「決定事項のルール変更は許されない(・・だからボート会場は予定通り東京ね!)」と言ってみたり。個人的な思惑で駆け引きしようとする匂いがプンプン。
「IOC(=私)の言うことを聞かなきゃ、どういうことになるか分かる?」と言わんばかりの静かなプレシャーをかけているように見えて仕方がない。

挙句の果てに、(誰が入知恵したのか大体想像できるが)会談直後、第三者から「東京だめなら、韓国で実施するかも!」みたいな怪情報が出回る始末。


ならば敢えて言わせてもらおう。
そこまで筆頭スポンサー(都民の選んだ小池都知事)の意向に反対するのなら、

東京オリンピック、辞退しちゃお~かな~」と。
そう言われて一番困るのは一体誰なの?自分の胸に手を当ててよーく考えましょうね。

***************************************

<大会辞退に至った釈明文>
「拝啓 オリンピックをこよなく愛する全世界の皆さまへ
突然ですが、このたび諸事情により2020年開催予定であった東京大会を辞退することとなりました。
候補時点の提案内容(コスト)を精査したところ巨大な誤差が判明し、予算を再検討した結果、とても私ども(東京都)には費用を捻出できる余裕がないことが判明しました。このままですと将来的に都民に重税を背負わせることとなり、首都・東京都の存続危機にも陥りかねません。
競合されたマドリードイスタンブールの皆さま大変申し訳ございません。

また、東京オリンピックを楽しみされていた世界の皆さま、お約束が果たせず心よりお詫び申し上げます。

最後に、どうぞ経済的に豊かな国・都市の皆さま、立候補地に名乗りをあげて下さい。

敬具

 

追伸 「安倍・マリオ・晋三」は、「安倍・クッパ・晋三」に改名しました。あしからず。

***************************************

「オリンピックは、国家抑揚のイベントである」

このコトバは、もはや形骸化してしまった。

 

日本人として「サーカス」に踊らされることはなく、

目の前の「パン」を今後も継続的に手に入れることが出来る

成熟した社会であって欲しいと願いばかりである。

 

オリンピックより、もっと大切なことは山ほどあるのだから。

 

▼【YouTube】世界有数のメガポリス「東京」イメージ動画
「TOKYO,TOKYO,TOKYO ! 」 (over 2,000 TITEL)

youtube.com