読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シリーズ】バブル記号論――東京五輪から東京五輪まで 【頭文字「ア」】β版①

今回より「<1964年・東京五輪>から<2020年・TOKYO OLYMPIC>まで」と銘打ってバブル時代を核に登場した記号を連載していきます。

第一弾は、頭文字「あ(ア)」にまつわる記号を掲載します。

(※ダブり漏れはご容赦下さい)

尚、調査にあたっての参考出典等については連載終了時にまとめて掲載させて頂きますのでご容赦願います。

それではみなさんの記憶に残る記号が、どれだけ見つかるかお楽しみ下さい。

 

【ア】

哀川翔(俳優・タレント・レーシングドライバー一世風靡セピアのメンバー/「ゼブラーマン」/竹内力と共に「Vシネマの帝王」とよばれる/*趣味:釣り・ゴルフ・昆虫飼育[カブトムシ・クワガタ]、メダカの飼育)

愛川欽也

相川七瀬

aiko

愛沢えみりキャバクラ嬢・ファッションモデル/キャバクラ「ジェントルマンズクラブ」の看板娘/雑誌「小悪魔ageha」専属モデル/*ギャル世代のカリスマ)

あいだもも(女優)

相原コージ(漫画家/作品:「ぎゃぐまげどん」「コージ苑」、「かってにシロクマ」、「サルでも描けるまんが教室竹熊健太郎・共著)」/元・いしかわじゅんのアシスタント)

相原勇(タレント)
愛染恭子(ポルノ女優/出演作:ピンク映画「痴漢地下鉄」:青山涼子/主演作「白昼夢」を契機に愛染恭子へ改名)

相武紗季(女優)

相本久美子(女優・タレント/マルチタレントの先駆的な存在/「TVジョッキー」の司会など)

青い三角定規

あおい輝彦
蒼井そら(AV女優/出演作:「Happy Go Lucky!」/「妹系」ロリータフェイス)
蒼井優(女優・モデル/三井の10代目リハウスガール/テレビ:「タイガー&ドラゴン」「Dr.コト―診療所」「おせん」/映画:「ハチミツとクローバー」「フラガール」「百万円と苦虫女」)

青木功(プロゴルファー)
青島幸男(元東京都知事、俳優「意地悪ばあさん」)
青空球児・好児(漫才コンビ/「NHK新人漫才コンクール優勝」/「ゲロゲ~ロ」のギャグ)
青田典子(タレント/女性アイドルグループ「CCガールズ」、「ロンドンハーツ」(バブル青田)/*夫は「安全地帯」玉置浩二

青山繁晴

青山テルマ(歌手)

赤木圭一郎(俳優)

赤木春恵(女優)
阿川佐和子(エッセイスト・司会/著書:「聞く力」、「ああ言えばこう食う」「ウメ子」/父は作家・阿川弘之

阿川泰子(ジャズシンガー)
赤井英和(プロボクサー・タレント/「難波のロッキー」/*お笑いのトミーズ雅と同級生)
赤川次郎(作家/「セーラ―服と機関銃」「幽霊列車」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズ)
明石家さんま(お笑いタレント/「ヤングおー!おー!」「さんまのまんま」「オレたちひょうきん族」「笑っていいとも!」「恋のから騒ぎ」「あっぱれさんま大先生」/大竹しのぶIMALU

秋川雅史(歌手)

秋川リサ(女優)

秋篠宮悠仁さま御生誕(2006年2月7日)

秋本治(漫画家)

秋本奈緒美(歌手・女優)
秋山豊寛(日本人初の宇宙飛行士・TBS宇宙特派員)1990
秋野暢子(女優/出演作:連続テレビ小説「おはようさん」、「赤い運命」「スチュワーデス物語」ほか/映画「片翼だけの天使キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞受賞)
阿木燿子(作詞家・女優。小説家/作詞代表作:「横須賀ストーリー」「イミテーション・ゴールド」「キッスは目にして!」「微笑返し」「魅せられて」他/夫は宇崎竜童)
あき竹城(女優/山形弁丸出しキャラ/「楢山節考」)

秋野暢子

秋元康(作詞家・放送作家AKB48グループ・乃木坂46欅坂46プロデューサー/作詞:「なんてったってアイドル」「雨の西麻布」「川の流れのように」「クリスマスキャロルの頃には」)
秋吉久美子(女優/主演映画:「赤ちょうちん」「妹」「バージンブルース」「の・ようなもの」「あにいもうと」「異人たちとの夏」他)

秋吉敏子(ジャズピアニスト)

秋山豊寛(日本人初の宇宙飛行士・TBS宇宙特派員)

アキラ100%(お笑い芸人/R-1グランプリ優勝者)

阿久悠(あく・ゆう/放送作家・作詞家/代表作詞:「熱き心に♪(小林旭)」「ジョニイへの伝言♪(ペドロ&カプリシャス)」「また逢う日まで♪(尾崎紀世彦)」「北の宿から♪(都はるみ)」「勝手にしやがれ♪(沢田研二)」「UFO♪(ピンクレディー)」「雨の慕情♪(八代亜紀)」ほか/小説「瀬戸内少年野球団」/オーディション番組「スター誕生」審査員)
アグネス・チャン

あご勇(お笑いタレント)
浅井慎平(写真家/写真集「ビートルズ東京100時間のロマン」、「いいちこ」広告写真)
麻丘めぐみ(アイドル歌手・女優/「週刊セブンティーン」モデル/「芽生え♪」でデビュー、大ヒット曲「わたしの彼は左きき♪」)
朝丘雪路(女優 /宝塚歌劇団月組娘役/TV司会:「11PM」「夜のヒットスタジオ」/夫は津川雅彦

浅丘ルリ子(女優)

麻倉未稀(歌手)

麻木久仁子(タレント)

浅田次郎(作家)

浅田真央(スケーター)

浅田美代子(女優/出演作:「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「さんまのからくりTV」ほか/「赤い風船♪」(デビュー曲)/吉田拓郎と結婚・離婚)
阿佐田哲也(小説家・雀士/本名:色川武大/麻雀小説「麻雀放浪記」シリーズ)

浅野忠信(俳優)

浅羽克己(グラフィックデザイナー)

朝井リョウ(作家)

浅利慶太(演出家/「劇団四季創始者のひとり/「キャッツ」無期限ロングラン公演1983ほか)
芦田淳(ファッションデザイナー/「jun ashida」ブランド)

芦谷雁之助(俳優)

東浩紀(あずま・ひろき/小説家/「存在論的、郵便的ジャック・デリダについて」「クォンタム・ファミリーズ」)

東幹久(俳優)

東八郎(コメディアン)

東ちづる(女優)

麻生祐未(女優/「オールナイトフジ」司会、「1985カネボウ水着キャンペーンガール」/「君が嘘をついた」ヒロイン役ほか)
麻生久美子(女優/「全国女子高生制服コレクション」グランプリ受賞/出演作:「カンゾー先生」「時効刑事」「CASSHERN」「インスタント沼」「モテキ」「泣くな、はらちゃん」他)

芦田愛菜(タレント/出演作:「Mother」「江~姫たちの戦国」「マルモのおきて」「明日、ママがいない」「うさぎドロップ」「パシフィック・リム」他)2004—

安達祐実(女優)

渥美清(コメディアン/「夢であいましょう」「男はつらいよ」/「フーテンの寅」)1928-1996
阿藤快(旧芸名:阿藤海/俳優/名セリフ「なんだかなー」/*「芸能界で最もいい人」)1946-2015
アニマル梯団(お笑いコンビ/おさる・コアラ/「タモリのSuperボキャブラ天国」)
あびる優(タレント/子供向け番組「おはスタ」のおはガールでデビュー)
あべ静江(歌手・女優/「コーヒーショップで♪」(歌手デビュー)、「みずいろの手紙♪」/キャッチフレーズ「フリージアの香り」)
阿部寛(俳優・モデル/「メンズ・ノンノ」モデル/出演ドラマ:「はいからさんが通る」「TRICK」「結婚できない男」「テルマエ・ロマエ」他)
安部公房(作家/「壁」「R62号の発明」「砂の女」「箱男」「方舟さくら丸」)

天海祐希(女優)

網浜直子(女優/ミス・セブンティーン・グランプリ受賞/出演ドラマ:「愛という名のもとに」「温泉へ行こう」「同級生」など/飯島直子とのデュオ「W-NAO♪」)

あめくみちこ(女優)

綾瀬はるか(女優)

新井注(あらい・ちゅう/コメディアン/ザ・ドリフターズ初期メンバー/「何だ、バカヤロウ!」、「文句あるか!」、「何見てんだよ!」「This is a pen!」のギャグ)
荒川静香(プロスケーター/トリノ五輪金メダリスト)

新井将敬(政治家/著:西部邁新井将敬を検察に売った日興証券自民党」)-1998

荒木経惟(あらき・のぶよし/アラーキ:写真家)
荒木大輔プロ野球選手/早稲田実業「大ちゃんフィーバー」→ヤクルトスワローズ入団)1979
荒木久美子(荒木師匠/お立ち台の女王)

荒木由美子(女優)

大野智櫻井翔相葉雅紀二宮和也松本潤の5人からなる男性アイドルグループ/代表曲:「A・RA・SHI♪」「君のために僕がいる♪」「SUNRISE日本♪」「時代♪」「Belive♪」他/出演番組:「VS嵐」「嵐にしやがれ」他)1999

嵐山光三郎(編集者・エッセイスト/著書:「ピッキーとポッキー」「素人庖丁記」/「月刊ドリブ」創刊/「笑っていいとも!増刊号」編集長」)
荒俣宏博物学者・図像学研究家・小説家・収集家・神秘学者・妖怪評論家・翻訳家・タレント/日本SF作家クラブ会員・世界妖怪協会会員/著書:「帝都物語」「帝都大戦」他)
新井素子(小説家/「ライトノベル作家の草分け的存在」/著書:「グリーン・レクイエム」「結婚物語」「チグリスとユーフラテス」他/約4000体のぬいぐるみとともに生活)
有森也美(女優/出演作:「キネマの天地」「東京ラブストーリー」他)

(女優/父は俳優・渡辺謙

アントニオ猪木(プロレスラー・政治家/「BI砲(馬場・猪木タッグ)」「新日本プロレス創業」「異種格闘技戦モハメド・アリ戦など)」/「スポーツ平和党結成」/愛称「アントン」)
安西マリア(歌手/「涙の太陽♪」/キャッチフレーズ「チョコレート・マリア」)
安西水丸イラストレーター/村上春樹との共著「像工場のハッピーエンド」「村上朝日堂」「日出る国の工場」「夜のくもざる」など/*「パレットクラブ」メンバー(ペーター佐藤原田治新谷雅弘の4名))

安藤忠雄(建築家)
安藤優子(ニュースキャスター/「FNNスーパータイム」「ニュースJAPAN」「直撃LIVEグッデイ!」他)

杏里(歌手)

アルベルト・アインシュタイン

アイリーン・キャラ
アンドレ・カンドレ(=井上陽水の旧芸名)
アンジャッシュ(お笑いコンビ/児島一哉・渡部健/「ボキャブラ天国」、「爆笑オンエアバトル(第5回チャンピオン)、「エンタの神様」」/勘違いネタ・映像ネタ)
アーウィン・ショー(米・劇作家/「死者を葬れ」「若き獅子たち」「リッチマン、プアマン」)
アーノルド・シュワルツェネッガー(米・俳優・ボディビルダー/映画作品:「コナン・ザ・グレート」「ターミネーター」「プレデター」「ツインズ」「トータルリコール」/ターミネータの台詞「I'll be back」/元カリフォルニア州知事)1947—
アイルトン・セナ(ブラジル・F1レーシングドライバー/「史上最速のF1ドライバー」「音速の貴公子」「四強」「ビッグ4」「F1四天王」「セナ・プロ対決」/事故死)
アウンサン・スーチーミャンマー・政治家)
アガサ・クリスティ(英・推理小説家/「ミステリーの女王」/著書:「アクロイド殺し」「オリエント急行の殺人」「そして誰もいなくなった」「スタイルズ荘の怪事件(デビュー作)」)
アキ・カウリスマキ(映画監督/「マッチ工場の少女」)
アグネス・ラム(ハワイ出身/キャンペーンガール/「元祖グラビアアイドル」/雑誌「non-no」モデル/「雨あがりのダウンタウン♪」)
アズディン・アライア(「ボディコンシャス・スタイル」の生みの親/「女性の第二の肌」として、80年代ファッション界に一大ブームを巻き起こす)
アダム・ジ・アント(英・バンド/ニューロマンティックムーブメント)
□(イディ・)アミンウガンダ・元大統領/独裁政治/「人食い大統領」「黒いヒトラー」「(国民約30万人を虐殺した)アフリカで最も血にまみれた独裁者」)1925-2003
アラン・ドロン(仏・俳優/主演作:「太陽がいっぱい」「地下室のメロディー」「黒いチューリップ」「冒険者たち」「サムライ」)/CM「ダーバン、それは現代を支える男のエレガンス」)1971
アラン・パーカー(英・映画監督/代表作「小さな恋のメロディー」「ミッドナイト・エクスプレス」「フェーム」「ミシシッピー・バーニング」ほか)
アルバート・アイラー[Albert Ayler](米・JAZZサックスプレイヤー/フリー・ジャズ
アルベルト・フジモリ(ペルー・政治家・大統領)
アルシンド・サルトーリ(ブラジル・サッカー選手/鹿島アントラーズ/アデランスCM出演)
ルフレッド・(ジョセフ)・ヒッチコック(英・映画監督/サスペンス映画の神様/代表作:「バルカン特急」「裏窓」「知りすぎていた男」「めまい」「北北西に進路を取れ」「鳥」「サイコ」)1899-1980
アルチュール・ランボオ(仏・詩人/「地獄の季節」「イリュミナシオン」)
アン・ハサウェイ(米・女優/出演作:「プリティ・プリンセス」「プラダを着た悪魔」「アリス・イン・ワンダーランド」「レ・ミゼラブル」ほか)
アンディ・ウォーホルポップアートの旗手/「キャンベル・スープ」「マリリンモンロー」)
アンドレ・アガシ(米・プロテニスプレイヤー/史上唯一の3冠達成者=①グランドスラム[全豪・全仏・ウィンブルドン・全米]・②オリンピックシングル金メダル・③ATPツアーファイナルチャンピオン)
アンセル・アダムス(米・写真家/グループf/64メンバー)
アンゼルム・キーファー(独・画家/テーマ:「ドイツの歴史」「ナチス」「大戦」「ワーグナー」「ギリシャ神話」「聖書」「カバラ」など」/代表作:「アタノール」「シベリアの女王」)
アブドーラ・ザ・ブッチャー(カナダ・プロレスラー/ヒール(=悪役レスラー)/必殺技「地獄突き」「毒針エルボー」/ニックネーム「黒い呪術師」)
アンドレ・ザ・ジャイアント(仏・プロレスラー/巨人レスラー/ヒール(=悪役レスラー)/必殺技「ジャイアント・プレス」「エルボー・ドロップ」など)
アンドレイ・タルコフスキーソ連・映画監督/代表作:「惑星ソラリス「鏡」「サクリファイス」/「映像の詩人」/*黒澤明溝口健二に傾倒)1932-1986
アンソニー・ホフキンス(英・俳優/出演作:「羊たちの沈黙ハンニバル・レクター博士役)」「マジック」「冬のライオン」「レッドドラゴン」)
RCサクセッション(「日本語ロック」/忌野清志郎/「い・け・な・いルージュマジック」「雨あがりの夜空に」1980「つ・き・あ・い・た・い 」)
アースシェイカー[EARTHSHAKER](ヘヴィメタルバンド/「RADIO MAGIC♪」「DON'T LOOK BACK♪」ほか/*44MAGUNUM、LOUDNESS)1978
□「愛を止めないで♪」(オフコース
□「愛は勝つ」(KAN)
□「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」(B’z
□「愛が止まらない ♪」(Wink
□「愛の水中花♪」(松坂慶子
□「愛のメモリー」( 松崎しげる
□「会いたい♪」(沢田知可子

□「アゲハ蝶♪」(ポルノグラフィティ)2001
□「愛人♪」(テレサ・テン)1985
□「I’m proud」(華原朋美
□「あいにきて I need you!♪」(GO-BANG’S
□「I LOVE YOU♪」(尾崎豊1984
□「愛して愛して愛しちゃったのよ♪」(田代美代子・和田弘とマヒナスターズ)1964
□「哀愁でいと♪」(田原俊彦)*デビュー曲
あいざき進也(アイドル歌手/オーディション番組「スター・オン・ステージあなたならOK!」(日本教育テレビ=テレ朝)第1回グランドチャンピオン/「新新御三家城みちる松田新太郎)/「気になる17才♪」」1973—
アイドリング!!!(女性アイドルグループ/メンバー:加藤沙耶香遠藤舞外岡えりか横山ルリカ伊藤祐奈関谷真由ほか/「現在進行形で成長するアイドル」「ファン様」「リンガー」))
青い三角定規(フォークグループ/「太陽がくれた季節♪」:ドラマ「飛び出せ!青春」主題歌)1971—1973
青山テルマ「ここにいるよ♪」「そばにいるねfeat. Soulja♪」
□「青い珊瑚礁」1980/「赤いスイートピー♪」1982(松田聖子
□「碧いうさぎ」(酒井法子
青江三奈(歌手/「伊勢佐木町ブルース♪/ため息路線」)1968
あがた森魚(シンガーソングライター/「赤色エレジー」)
阿川泰子(ジャズシンガー/ヒットアルバム「JOURNEY♪」/*「ネクタイ族のアイドル」「オジサマ族のアイドル」)
アグネス・チャン(本名:陳美齡/アイドル/初代日本ユニセフ協会大使/「ひなげしの花♪」「草原の輝き♪」「ポケットいっぱいの秘密♪」)
□「悪女♪」(中島みゆき)1982
浅香唯(歌手・タレント・女優/「スケバン刑事」(フジ)3代目・麻宮サキ役/カネボウ化粧品CMイメージ・キャラクター、キャンペーン・ソング「C-Girl♪」/キャッチフレーズは「フェニックスから来た少女」)
麻倉未稀(歌手/「ミスティ・トワイライト♪」/ドラマ「スチュワーデス物語」の主題歌「What a feeling~フラッシュダンス♪」、ドラマ「スクールウォーズ」の主題歌「ヒーロー♪」など)
浅川マキ(歌手/「夜が明けたら♪」「かもめ♪」「ロング・グッド・バイ♪」/新宿PIT INN)1942-2010
□「アジアの純真」(PUFFY)1996
□「明日があるさ」(坂本九
□「明日があるさ」(日本コカ・コーラ―「ジョージア」/浜田雅功ほか)
□「あずさ2号」(狩人)
□「熱き心に」(小林旭
□「あなた♪」(小坂明子)1981
□「あなたに会えてよかった♪」(小泉今日子
□「あなたを・もっと・知りたくて ♪」(薬師丸ひろ子
□「あの日に帰りたい♪」(荒井由実)1976
□「あの素晴らしい愛をもう一度」(北山修加藤和彦)1971
あべ静江(歌手・女優/1973年「コーヒーショップで♪」歌手デビュー/「みずいろの手紙♪」/「トラック野郎・爆走一番星」のマドンナ役/キャッチフレーズは「フリージアの香り」)
□「亜麻色の髪の乙女」(ヴィレッジ・シンガーズ→島谷ひとみ
□「雨音はショパンの調べ♪」(小林麻美
天地真理(アイドル歌手/「水色の恋♪」「ひとりじゃないの♪」/キャッチフレーズ「白雪姫/三人娘のひとり[*南沙織小柳ルミ子]」
□「雨の西麻布♪」(とんねるず)1985
安室奈美恵(歌手・ダンサー/SUPER MONKEY’S安室奈美恵with SUPER MONKET’S「TRY ME~私を信じて~♪」→安室奈美恵「太陽のSEASON♪」(ソロデビュー曲)→小室哲哉プロデュース時代「Don’t wanna cry♪」「You’er my sunshine♪」「a walk in the park♪」「CAN YOU CELEBRATION ?♪」/「ポンキッキーズ」で鈴木蘭々とのコンビ”スターラビッツ”結成/沖縄アクターズスクール出身/*社会現象「アムラー・ブーム」:茶髪ロングヘア・ミニスカート・細眉・厚底ブーツ
□「アメリカン・フィーリング ♪」(サーカス)
荒井由実(シンガーソングライター/松任谷由実の旧姓/「ひこうき雲」1973、「あの日にかえりたい」1975)
荒木由美子(歌手・女優・タレント/夫は歌手の湯原昌幸
アリス (フォークグループ:谷村新司堀内孝雄矢沢透/デビュー曲「走っておいで恋人よ♪」、「冬の稲妻♪」「ジョニーの子守唄♪」「チャンピオン♪」「秋止符♪」「BURAI♪」)
安西マリア(歌手・女優/「涙の太陽♪」(歌手デビュー)/キャッチフレーズ「チョコレート・マリア」)
□「安奈♪」(甲斐バンド)1979
杏里(シンガーソングライター/「オリビアを聴きながら♪(デビュー曲)」「思いきりアメリカン♪」「CAT’S EYE♪」「悲しみが止まらない♪」「気ままにREFLECTION♪」)
安全地帯(ロックバンド[vo.玉置浩二]/作品:「ワインレッドの心」「マスカレード」「恋の予感」「熱視線」「プルシアンブルーの肖像」「夏の終わりのハーモニー」「じれったい他」)

□「I Wish For You♪」(EXILE)2010
□「アンコ椿は恋の花」(都はるみ)1964
アン・ルイス「六本木心中♪」
アンジェラ・アキ(シンガーソングライター/「サクラ色♪」「手紙~拝啓十五の君へ~♪」/父は英会話スクール「イーオン」代表・安藝清、母はイタリア系アメリカ人)
アース・ウィンド&ファイヤー「宇宙のファンタジー♪」「レッツ・グルーヴ♪」
a-ha(アーハー)「Take On Me♪」
□「愛が止まらない♪」(カイリー・ミノーグ
アシュフォード&シンプソン(米・デュオグループ/「Ain't No Mountain High Enough♪」)
アズティック・カメラ[Aztec Camera](スコットランドネオ・アコースティック・サウンドの中核グループ)
□「Anarchy in the U.K.♪」(セックス・ピストルズ)*デビュー曲 1976
アニマルズ(英・ロックバンド/代表曲:「朝日のあたる家 [The House Of the Rising Sun]」「朝日のない街」/「シスコサウンド」(エリック・バードン&ジ・アニマルズ)/*「ローリングストーンズ誌が選ぶ最も偉大な100人のシンガー第57位」)
ABBA(アバ)スウェーデン・ポップミュージックグループ/「ダンシング・クイーン♪」「テイク・ア・チャンス♪」「きらめきの序曲♪」「チキチータ♪」「ギミー!ギミー!ギミー!♪」)
アフリカ・バンバータ(米・ミュージシャン/エレクトロファンクの先駆け/「ヒップホップ」の名付け親/「Planet Rock♪」)
アラベスクジンギスカン♪」
アントニオ・カルロス・ジョビン(ミュージシャン/ボサノヴァイパネマの娘♪」)
□「IQエンジン」(フジ/出演:第三舞台
□「愛する二人別れる二人」(フジ/司会:みのもんた美川憲一)1999
□「愛川欽也の探検レストラン」(テレ朝)1984
□「愛し合ってるかい!」(フジ月9ドラマ/脚本:野島伸司/出演者:陣内孝則小泉今日子/主題歌:「学園天国♪」小泉今日子)1989
□「愛という名のもとに」(フジ月9ドラマ/脚本:野島伸司/出演者:鈴木保奈美唐沢寿明江口洋介)1992

□「ATARU」(TBS)2012
□「あいのり」(フジ)
□「愛のエプロン」(テレ朝)
□「愛の流刑地」(日テレ/出演:岸谷五郎、高岡早紀瀬戸朝香麻生祐未川島なお美杉田かおる/原作者:渡辺淳一 *日本経済新聞朝刊連載小説/映画:豊川悦司寺島しのぶ長谷川京子佐藤浩市仲村トオルほか)
□「逢いたい時にあなたはいない」(フジ/月9ドラマ/中山美穂)1991
□「相棒」(テレ朝)2002
□「アインシュタイン」(フジ・深夜番組)1992
□「青が散る」(TBS/石黒賢二谷友里恵川上麻衣子
□「赤いシリーズ」(TBS・大映テレビ/「赤い迷路」:宇津井健松田優作山口百恵/「赤い疑惑」:宇津井健山口百恵三浦友和/「赤い運命」:宇津井健山口百恵秋野暢子/「赤い衝撃」:山口百恵三浦友和中条静夫)/「赤い激流」:宇津井健、水谷豊、竹下景子/「赤い絆」:山口百恵国広富之石立鉄男/「赤い激突」:宇津井健松尾嘉代国広富之坂口良子/「赤い嵐」:柴田恭兵淡島千景能瀬慶子/「赤い魂」:杉浦直樹浜田朱里、広岡瞬/「赤い死線」:山口百恵三浦友和宇津井健
□「明石家サンタ」(フジ/明石家さんま八木亜希子
□「明るい農村」(NHK)1963
□「悪魔のKISS」(フジ/奥山佳恵深津絵里常盤貴子/*「性地獄・宗教地獄・カード地獄」がテーマ)1993
□「朝まで生テレビ」(テレ朝/討論深夜長寿番組/司会:田原総一郎/パネリスト:大島渚、辻清美、高野猛、野坂昭如舛添要一西部邁猪瀬直樹ほか)1987
□「浅草橋ヤング洋品店」(テレ東/ASAYAN周富徳・周富輝兄弟、金萬福江頭2:50浅草キッドテリー伊藤)1992
□「ASAYAN」(テレビ東京/夢のオーディションバラエティ/ナインティナイン永作博美中山エミリ小室哲哉「コムロギャルソン」(鈴木あみKABAちゃん、)、つんく♂モーニング娘)、CHEMISTRYほか)1995-2002
□「あさひが丘の大統領」(宮内淳、片平なぎさ秋野太作谷隼人由利徹樹木希林宍戸錠井上純一藤谷美和子)1979-1980
□「あすなろ白書」(フジ/柴門ふみ/木村 拓哉、石田ひかり)1992-1993
□「あなたの知らない世界」(日テレ/怪奇特集番組)1973
□「アップダウンクイズ」(毎日放送/クイズ番組/シルエットクイズ、ゴンドラ)1963-1985
□「アッコにおまかせ!」(TBS/司会:和田アキ子)1985-
□「アテンション・プリーズ(ATTENTION PLEASE)」(TBS/紀比呂子范文雀竜雷太ほか)1970
□「暴れん坊将軍」(テレ朝/松平健江戸幕府八代将軍・徳川吉宗)1978
□「あぶない刑事」(日テレ/舘ひろし柴田恭兵「タカ&ユージ」/浅野温子仲村トオル木の実ナナ)1986
□「アフタヌーンショー」(テレ朝/桂小金治、榎本猛ほか)1965-1985
□「あまちゃん」(NHK朝の連続ドラマ/脚本:宮藤官九郎/出演者:能年玲奈小泉今日子尾美としのり杉本哲太松田龍平古田新太小池徹平橋本愛福士蒼汰有村架純八木亜希子宮本信子 他)2013
□「アメトーーク!」(テレ朝・トーク番組/司会:雨上がり決死隊/)
□「アメリカの夜」(フジ・「MIDNIGHT TV+」/ホスト:宝田明/映画撮影HOW TO解説番組)1991—1992
□「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ/司会:福留功男)1977‐1992
□「雨よりも優しく」(TBS/浅野ゆう子時任三郎黒木瞳田中美佐子宅麻伸)1989
□「鮎のうた」(NHK/山咲千里)1979
□「嵐にしやがれ」(日本テレビ
□「あらびき団」(TBS/東野幸治藤井隆/あらびきスター:ふとっちょカーボーイエハラマサヒロモンスターエンジンガリガリガリクソン世界のナベアツほか)2007-2011
□「anpon(アンポン)」(日テレ深夜番組/無名の浜崎あゆみ鈴木紗理奈がVJ[ビデオ・ジャーナリスト]として街中レポート)1994-1995
□「アリエスの乙女たち」(原作:里中満智子/フジテレビ/南野陽子・松村雄基・相楽ハル子)1987

□「アイムホーム」(テレ朝)2015
□「ありえへん∞世界」(テレビ東京関ジャニ)2008—
□「ありがとう」(TBS・ホームドラマ/脚本:平岩弓枝・プロヂューサー:石井ふく子/出演者:水前寺清子山岡久乃石坂浩二京塚昌子佐良直美/*民放ドラマ史上最高視聴率56.3%)1970
□「アインシュタイン」(フジ・深夜科学情報番組/「宇宙の根源はヒモである」など)
アミダばばあナンデスカマン明石家さんまひょうきん族」)1984
□「AERAアエラ」(週刊情報誌/朝日新聞社)1988
□「an・an」(女性ファッション誌/平凡出版:現・マガジンハウス/「セックスで、きれいになる。」)1970—
□「R25」(リクルート発行の「総合週刊誌」フリーペーパー)2004-2015
□「アイアコッカ」(リー・アイアコッカダイヤモンド社1984
□「愛される理由」(二谷友里恵)1990
□「i-D JAPAN」(カルチャーマガジン)
□「蒼い時」(著:山口百恵/1980年引退の年、21歳の時に著された自叙伝)1980
□「赤頭巾ちゃん気をつけて」(庄司薫中央公論社)1969
□「赤尾の豆単」(学習参考書・英単語)
□「明るい部屋」(ロラン・バルト)1985
□「アクションカメラ術」(馬場憲治/ベストセラーズ)1981
□「悪魔の詩」(小説/サルマン・ラシュディ著)
□「アサヒカメラ」(朝日新聞社/表紙担当写真家:篠山紀信ほか)1962—
□「朝日ジャーナル」(朝日新聞社/「全共闘世代」の愛読書/編集長:筑紫哲也下村満子ほか)1959-1992
□「ASCII」(西和彦)1977

□「アイアムアヒーロー」(小学館)2015
□「暗殺教室」(集英社)2015
□「頭がいい人、悪い人の話し方」(樋口裕一)2005
□「頭の体操」(多湖輝/光文社)1967
□「ADONIS(アドニス)」(幻のゲイ専門誌/編集人:上月竜之介*会員制・非合法雑誌)1951
□「危ない薬」「危ない1号」(データハウス・鬼畜系ムック/伝説的アングラ雑誌)
□「アニメージュ」(月刊/アニメ情報誌)1978-
□「姉ageha」(ファッション誌「小悪魔ageha」から生まれたファッション雑誌/主婦の友)
□「ANOANO(アノアノ)」(JICC出版/下村真澄・宮村裕子:共著/「女子大生の基礎知識」としてセックスを初め関心のあることに首を突っこんで繰り広げるアバンチュールを描く)
□「アルバイトニュース速報版」(学生援護会)1967
□「アンネの日記」(A.フランク/文藝春秋新社)1964
□「アンダーグラウンド」(著:村上春樹/「地下鉄サリン事件」の被害者や関係者に村上自身がインタビューしたノンフィクション作品/*「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」「ねじまき鳥クロニクル」)1997
□「愛人‐ラマン」(英・仏合作/監督:ジャン=ジャック・アノーマルグリット・デュラスの自伝的小説)
□「愛のコリーダ」(大島渚監督/「日本初のハードコア・ポルノ映画」/出演者:松田瑛子、藤竜也ほか/題材:「阿部定事件」)1976
□「アウトレイジ」(監督:北野武/キャッチコピー「全員悪人」「下剋上、生き残りゲーム」/出演者:椎名桔平加瀬亮三浦友和塚本高史石橋蓮司小日向文世ほか)2010
□「赤ひげ」(監督:黒澤明/出演:三船敏郎加山雄三山崎努ほか)1965
□「悪魔の手毬唄」(著:横溝正史/「金田一耕助シリーズ」/東宝映画:石坂浩二岸恵子仁科明子北公次)1977
□「アダムスファミリー」(米・コメディ・ホラー映画/ラウル・ジュリアクリストファー・ロイド)1991
□「アニー・ホール」(米・ロマンスコメディ映画/監督:ウディ・アレン/出演者:ウッディ・アレンダイアン・キートン、トニー・ロバーツほか)1977
□「アニマルハウス」(米・コメディ映画/監督:ジョン・ランディス/出演者:ジョン・ベルーシーほか)1978

□「アナと雪の女王」2014
□「ありのままで♪
□「アベンジャーズ」2012
□「アメイジングスパイダーマン」2012
□「アバター」2010
□「アリス・イン・ワンダーランド」2010
□「アイ・アム・レジェンド」2008
□「網走番外地」(東映・刑務所映画/監督:石井輝男高倉健丹波哲郎田中邦衛ほか/宣伝用ポスターのイラスト:横尾忠則・作)1965
□「ア・ホーマンス」(監督・主演:松田優作/出演者:石橋凌ポール牧小林稔侍、手塚理美ほか)1986
□「アマルフィ 女神の報酬」(邦画/出演者:織田裕二天海祐希戸田恵梨香福山雅治、大塚寧々、佐藤浩市)2009
□「アメリカン・グラフィティ」(米・青春映画/監督:ジョージ・ルーカス/出演者:リチャード・ドレイファス、ロニー・ハワード、シンディ・ウイリアムズ、キャンディ・クラークほか)1973
□「アメリカの影」(米・リアリズム映画/監督:ジョン・カサヴェテス)1959
□「アラジン」(米・ディズニーアニメ映画/アラジン、ジャスミン)1992
□「アルマゲドン」(米・SFアクション映画/出演者:ブルース・ウィリスリヴ・タイラーほか)1998

□「アイズワイズシャット
□「アイアンキング」(TBS/特撮テレビ番組/出演者:石橋正次浜田光夫/主題歌:子門真人)1972-1973
□「愛と誠」(青春漫画/作:梶原一騎ながやす巧/登場人物:早乙女愛・大賀誠・岩清水弘/名言「君のためなら死ねる」)1973
□「アローエンブレム グランプリの鷹」(フジ)1977
□「蒼き伝説シュート」(フジ/サッカーアニメ)1993—1994
□「赤胴鈴之助」(フジ/アニメ/声優:小鳩くるみ他)1972-1973
□「あした天気になあれ」(ゴルフ漫画/作:ちばてつや/「少年マガジン」/スイングの掛け声「チャー・シュー・メン!」)1981-1991
□「嗚呼!!花の応援団」(ギャグ漫画/作:どおくまん/「週刊漫画アクション」/登場人物:青田赤道(あおた・あかみち)ほか/「ちゃんわちょんわ」「クェックェックェッ」)1975
青池保子(漫画家/BLマンガ/「イブの息子たち(1976)」「エロイカより愛をこめて(1976)」「七つの海七つの空」)
□「AKIRA」(SFコミック/作:大友克洋/「週刊ヤングマガジン」/「ネオ東京」「金田正太郎」「超能力者・タカシ」「暴走族・島鉄雄」「アキラ」「ミヤコ」)1982-1990
あさのあつこ(小説家/児童文学「バッテリー」*1000万部ベストセラー)
□「あさりちゃん」(テレ朝/作:室山まゆみ/)1982-1983
□「あしたのジョー」(ボクシング漫画/「少年マガジン」・フジテレビ/作:ちばてつや矢吹丈丹下段平マンモス西白木葉子力石徹カーロス・リベラホセ・メンドーサ泪橋、「た…立て…!…立つんだ、ジョー!」)1968-1973
□「アタックNo.1」(フジ/スポ根アニメ:鮎原こずえ、「苦しくったて~、悲しくったて~、コートの中では平気なの♪」1969-1971
□「あたしンち」(テレビ朝日/作:けらえいこ/立花家の日常(みかん、ユズヒコ))2002-2009
□「アパッチ野球軍」(テレ朝/作:花登筐・梅本さちお)1971-1972
□「あらいぐまラスカル」(フジ/ラスカルの声=野沢雅子/オープニング曲「ロックリバーへ♪」/ラスカル=「乱暴者」の意/レッサーパンダ?)1977
□「アルプスの少女ハイジ」(フジ/原作者:ヨハンナ・スピリ/演出:高畑勲/デーテ叔母、アルムおんじ、ペーター、子ヤギのユキちゃん、ヨーゼフ、クララ、執事ロッテンマイヤー、セバスチャン/アーデルハイド=ハイジの本名)1974
□「あんみつ姫」(フジ/時代劇ギャグアニメ)1986-1987
□「アリエスの乙女たち」(フジ/原作者:里中満智子大映テレビ/出演者:南野陽子、佐倉しおり、松村雄基、石橋保相楽ハル子ほか)1987
□「(惣流)アスカ・ラングレー」(「新世紀エヴァンゲリオン」:エヴァンゲリオン弐号機のパイロット/ドイツ3/4、日本1/4の血を持つクォーター)
□「綾波レイ」(「新世紀エヴァンゲリオン」:エヴァンゲリオン零号機のパイロット/色白で青髪と赤い瞳を持つ細身の少女/名前の由来:大日本帝国海軍駆逐艦綾波」より)
□「朝日奈夕子」(コナミ・恋愛シュミレーションゲーム「ときめきメモリアル」のヒロインのひとり)

□「アイカツ!」(バンダイが展開するトレーディングカードを用いた女児向けアーケードゲーム/「アイドルカツドウ(活動)」の略)2013
□「アムロ・レイ」(アニメ「機動戦士ガンダム」の主人公)
□「おしゃれ漫画家」(岡崎京子内田春菊中尊寺ゆつこ桜沢エリカ

□「アイドル雑誌」(男性アイドル:「Myojyo」「Duet」「Winkup」「Potato」/女性アイドル:「BOMB」「sabra」)
□「アイドルイベント3大会場」(石丸電気・福屋書店・アソビットシティ書泉ブックマート
Apple Computer 1976‐
□「iPhone」(Apple社製・スマートフォン/機種変遷:初代(2007)→3G(2008)→3Gs(2009)→4(2010)→4S(2011)→5(2012)→5s/5c(2013)→6/6Plus(2014)→6s/6sPlus(2015)→SE(2016)→7/7Plus(2016))
□「iモード」1999、「iアプリ」2001

□「iBookstore」(日本語版コンテンツ配信開始)2013

□「@マーク(アットマーク)」(インターネットの電子メールアドレスに用いられる記号「@」/「○○(ユーザー名)@△△(ドメイン名)」のような形で用いられる)
□「iPad」(Apple社製・タブレット型コンピュータ/機種変遷:初代(2010)→iPad mini(2012)→iPad Air(2013)→iPad Air2(2014)→iPad Pro(2015))
□「App Store」(Apple社運営するiPhoneiPod touchiPad向けアプリケーションのダウンロードサービス/*Amazon Appstore for Android

□「iTunes
□「iTunes Music Store

□「iMac」(Apple)
□「AIBO」(SONY/ペットロボット)
Amazon.com(設立:1994/代表:ジェフ・ベゾス/「レコメンデーション機能」/「Amazon Kindle電子書籍リーダー)」「Amazonプライム」「Amazon Go(無人コンビニ)」「Amazon Echo(人工知能スピーカー)」/ロゴ:「“from A to Z”(AからZまで何でも揃うという意味)」
Adobeグラフィックデザインソフト「Illustrator」、写真加工ソフト「Photoshop」)
□「アノニマス[Anonymous]」(ハクティビズムに基づく政治を行う集団/「DDos攻撃」「クラッキング」「ハッカー集団」「反サイバー監視・検閲」/*「ガイ・フォークス」の仮面/Anonymous=「匿名の」)
□「アルファブロガー(Alpha blogger」(インターネットにおけるブロガーのうち、そのブログが大きな影響力を持つ者や、多くの読者を持つ者)
□「アバターavatar」(自分の分身となるキャラクター)
□「荒らし」(ネットワークの場にふさわしくない投稿を繰り返し続ける者、こと/*ネット用語)

□「ICレコーダー」(会議・講演・取材などの録音に使われる超小型音声録音機/内部フラッシュメモリー保存形式)

□「アメダス」(AMeDAS:Automated Meteorological Data Acquisition System=地域気象観測システム/日本国内約1300か所)1974—
□「青空文庫」(インターネット電子図書館/日本の著作権切れ作品のオンライン公開)
□「AIBO」(Artificial Intelligence roBOtの略/SONY/四足歩行型ペットロボット)1999
□「I.Q(アイキュー)」[Intelligent Qube](ソニー・コンピュータエンタテイメント/プテステ用パズルゲームソフト(プレイヤーが思考と反射神経を駆使し、奥から迫りくる複数のキューブを次々と捕獲していくゲーム)/原案:佐藤雅彦
□「アタリ」(米・ビデオゲーム会社/アーケードゲーム「コンピュータスペース」、「ポン」「ブレイクアウト」「センティピード」など/世界初家庭用ゲーム機「オデッセイ」)1972
□「麻布プリンスホテル」(「グリル・エーデルワイス」の「日本一高価なカレーライス5,000円」/有栖川公園傍の旧・「藤田邸・鷹司邸」→「ホテル藤」→「麻布プリンスホテル」→現・「フィンランド大使館」)1956-1981
□「アークヒルズ」(竣工1986/森ビル/「ARK」=赤坂「Akasaka」+六本木「Roppongi」+結ぶ「Knot」の頭文字/サントリーホール全日空ホテル[現・インターコンチネンタルホテル東京]を併設)
□「青山ブックセンター」(六本木で創業。洋書・写真・デザイン・建築関連書が充実した書店)1980—
赤坂の花街(政治家御用達の高級料亭/「金龍」「香月」「岡田」「川崎」「満ん賀ん」「若林」「千代新」/「口悦」「浅田屋」「つる中」「佐藤」「金龍」/*築地「新喜楽」、新橋「金田中」、大阪「吉兆」)
□「赤坂プリンスホテル」(通称「赤プリ」/*バブル時代のクリスマス定番ホテル/BAR「トップ・オブ・アカサカ」)1955-2011
□「赤坂東急ホテル」(現・「赤坂エクセルホテル東急」/*マイケルジャクソンが宿泊)1969-2001

□「赤坂サカス」2009—

□「旭山動物園」2004—
□「安比高原スキー場」(株主:リクルート/*おしゃれアイテム:ウサギのマークと「APPI」ステッカー)1981—
□「アルファ・リゾート・トマム」(オールシーズン型大型リゾート施設/*現・「星野リゾート トマム」)1983—
□「赤坂BLITZ」(TBS運営のライブハウス)2003—
□「青山スパイラル」(複合文化施設/設計:槙文彦)1985—
□「青山ベルコモンズ」(「ファッションビル」の走り的ビル/*黒川紀章設計事務所)1976-2014
□「アオイスタジオ」(老舗ポストプロダクションスタジオ/録音実績:はっぴえんど、北野武監督作品、劇場版ポケットモンスターなど多数)1955—
□「アートシアター新宿文化[ATG]」(映画館/「アンダーグラウンド蠍座」と並ぶアングラ文化のムーブメント発信地/*運営:「日本アートシアターギルド」)1961-1980
麻布十番温泉(日帰り入浴施設)1949-2008
□青森美術館(建築家:青木淳/意匠:地上2階地下2階・遺跡発掘現場のようなトレンチと三内丸山遺跡を一体化したデザイン/奈良美智の作品[1988-2000]170点所蔵)2006—
□「UPLINK FACTORY」(映画配給会社・有限会社アップリンクが運営する映画上映・イベント複合施設)1999—
□「秋葉原ラオックス・ザ・コンピュータ館」(大型パソコン専門店/*競合店「T-ZONEミナミ」「ソフマップChicago」)1990-2007
□「アプレシオ」(まんが喫茶・複合カフェ/*aprecio =スペイン語「敬う」)1988—
□「アンナミラーズ」(ドイツ風スタイルの家庭料理とデザートパイ/青山1号店(-1995)/「元祖・コスプレ系レストラン」:かわいい制服のウエイトレスは、コスプレ系飲食店やメイド喫茶に影響を及ぼした/*現行店:ウィング高輪店のみ)1973—
□「アロハカフェ(ALOHA CAFÉ)」(横浜・本牧の老舗カフェバー/*本牧のその他老舗BAR「リキシャ・ルーム」「イタリアン・ガーデン」「ゴールデンカップ」「リンディ」など)1976
□「青山デニー」(通称「青デ二」/六本木オールナイト後の始発待ちの定番)
アクアリウム・バー(熱帯魚/恵比寿「夜光虫」、六本木「ディープブルー」)
□「アンジェリーナ」のモンブランケーキ(*仏・ルーブル美術館内にも店舗あり)
□「ageHaSTUDIO COAST」(新木場・多目的エンターテイメントスペース)
アンテナショップ(自治体:「銀座熊本館」「北海道どさんこプラザ」「銀座わしたショップ」など)
□「アニメイト」(国内最大手・アニメ関連商品専門ショップ)1987—
□「アイランド」(パナソニックの人工島ビーチハウス)
□「アングラ酒場
□「アジト」(地下組織の宣伝司令部、隠れ家、秘密基地、セーフハウス)
□「愛・地球博」(2005年日本国際博覧会/愛知県長久手/モリゾウ・キッコロ
□「秋葉原通り魔事件(秋葉原無差別殺傷事件」(2008.6.8発生/犯人:加藤智大)
□「アメリカ同時多発テロ事件[September 11 attacks]」(2001.9.11発生/被害:①世界貿易センタービル国防省本庁舎(ペンタゴン
□「アジア通貨危機」(タイを中心に始まった、アジア各国の急激な通貨下落(減価)現象/原因:アメリカ合衆国ヘッジファンドを主とした機関投資家による通貨の空売り)1997
□「アラブの春[Arab Spring]」(アラブ世界における大規模反政府デモおよび民主化運動/チュニジアジャスミン革命」よりアラブ世界へ波及/)2010-2012
□「アポロ計画」(アポロ11号月面着陸/ニール・アームストロング船長「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」/アポロ・ソユーズ・ドッキング中継:1975)
□「アグネス論争」(子連れ出勤の是非をめぐる論争/アグネス・チャンvs林真理子
□「あさま山荘事件」(連合赤軍による人質立てこもり事件/*長野県北佐久郡軽井沢町河合楽器保養所「あさま山荘」)1972
□「青田買い」(1997年以前、就職協定を破って多くの企業が実施した抜け駆け採用)
□「アパルトヘイト」(南アフリカ共和国:人種隔離政策、ネルソン・マンデラ
□「阿部定事件」(殺害後、男性局部を切り取った猟奇的殺人事件/阿部定パニック/*「愛のコリーダ」)1936
□「悪の枢軸」(米・ジョージ・ブッシュ大統領が提唱した3つのならずもの国家リスト:朝鮮民主主義共和国(北朝鮮)、イラン・イスラム共和国イラク)2002
□「愛犬一家連続殺人事件

□「赤ちゃんポスト
□「アテネオリンピック」2004
アナログ波停止(地上波デジタル放送へ完全移行)2010
礼宮文仁・川嶋紀子婚約
アスベスト石綿/「アスベスト問題」:住宅建材用断熱材等に使用されたが人体への健康被害を及ぼす問題)
□「アレフ」(宗教団体/旧・オウム真理教
□「AXIA(アクシア」(カセットテープ/富士フイルム
□「アヒル声」の出るヘリウムガス販売(「ダックスボイス」(夢ふうせん)、「マジックボイス」(日本酸素))
□「アメリカズカップ」(世界最高のヨットレース)
□「アデランス」(「テレホン・ヘアチェック」「ライブニュー・ピンポイント活毛」)*「アートネイチャー」「リーブ21
□「アロマテラピー」(=芳香療法)
□「ALBA ROSA(アルバロ-ザ)」(アパレルブランド/リゾート風ファッション)
□「アブトロニック」(ダイエット器具)

□「R-COOK」(RIZAPイノベーションズ社が提供するコミット型料理教室 /「たった2ヶ月で、一流料理人があなたの劇的な料理上達にコミット!」をコンセプトにした、完全オリジナルの料理教室)

□「IQOS(アイコス)」(次世代タバコ/火を使わない加熱式タバコ)2016

□「青色発光ダイオード(LED)開発者(赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏)ノーベル物理学賞受賞」2014
アルデンテ(スパゲティなどのパスタを茹でるとき「歯ごたえが残る」という茹で上がり状態の目安とされる表現
アウトドアブーム(例)(「ランドクルーザーランクル)80VXリミテッド」「スポルディングのバーベキューセット」「ニュートップバルモン電動回転式スチール製バーベキューセット」「コールマンのツーマントルランタン」、「LLビーンの…」…)
アウトドアブランド(エーグル、チャムス、コールマン、コロンビア、ダナー、エディー・バウアー、イーピーアイガス、グレゴリー、ヘリーハンセン、エルエルビーン、ロゴス、マグライト、マムート、マーモット、ミレー、モンベルパタゴニア、プリムス、レッドウイング、シェラデザインズ、SIGG、スノーピーク、ザ・ノースフェイス 、ティンバーランドビクトリノックス
アダルトビデオ(AV)
アナログレコード(LP/ドーナツ版/12インチシングル)
異種格闘技世界一決定戦「アントニオ猪木vsモハメド・アリ
アフロヘアー(アフロ犬、ボボボーボ・ボーボボ/パパイヤ鈴木、ダンス☆マン具志堅用高
□「アメニティ」(ホテルなどの設備や調度品、洗面所備品「アメニティグッズ」)
アングラ・レコード・クラブURC)1969
□「アールビバン」(画家「クリスチャン・ラッセン」の日本総販売代理店)

□「アバクロンビー&フィッチ(アバクロ)」(米・高級カジュアル)2009
アクアスキュータムのトレンチコート
adidas(スーパースター/スタンスミス)
AKAIオーディオメーカー
アランミクリの眼鏡
アンフィニRX-7マツダ
アルシオーネSVX(スバル)
□「赤坂のサニー」(ベンツ190E・子ベンツ)
□「赤いプレリュード」(HONDA/「S13シルビア」と並ぶバブル時代の「デートカー」)
アフガンハウンド犬
□「アメリカン・クラッカー」(アサヒ玩具/「カチカチカッチン」「カチカチボール」)1971
アルマイトの食器(給食用食器)
□「アイスノン」(医療用保冷剤)

□「アイボン」(コンタクトレンズ使用者用洗眼液)

アンダースコート
アコギ(=アコースティックギター
アドバルーン無人係留気球・風船を使った宣伝方式/「ad(広告)」+「balloon(気球)」)
□「アクアフレッシュ」(Aquafresh/歯磨き粉/グラクソ・スミスクライン
□「アパガード」(ハイドロキシアパタイト歯磨剤/サンギ/CM「芸能人は歯が命」:東幹久・高岡早紀)1993
□「浅田飴」(旧・堀内伊太郎商店/のど飴/[旧名:御薬さらし水飴])1889
揚げパン(給食メニューのひとつ)
□「アヒージョ」(スペイン料理/オリーブオイルとニンニクで煮込む小皿料理・タパス/正式名称「アル アヒージョ」)
□「赤城乳業カレーアイス」「赤城乳業ラーメンアイス」(赤城乳業/アイスクリーム)
□「アサヒ・スーパードライ」(「コクがあるのに、キレがある」/落合信彦/「ドライ戦争」)1987
□「アンバサ」(乳清炭酸飲料/日本コカ・コーラ/*競合品:カルピスソーダ、スコール)
□「味ぽん」(ミツカンポン/酢しょうゆ/「マーケットシェアは60%・ぽん酢業界のガリバー的存在」)1964
□「赤玉ポートワイン(赤玉スイートワイン)」(寿屋:現サントリー/甘味果樹酒)1907
□「赤缶カレー粉」(エスビー食品)1950
□「味の素」(うまみ調味料[主成分:L-グルタミン酸ナトリウム]/「ほんだし」「ハイミー」「クノール」「Cook Do」「ピュアセレクトマヨネーズ」ほか)
□「あさげ」(永谷園/即席みそ汁の登録商標/CM「うまいねえ、これがインスタントかい?(五代目・柳家小さん)」/*「ゆうげ(白みそ)」「ひるげ(赤だし)」「松茸の味お吸いもの」)1974—
□「アルフォート」(ブルボン/チョコレート菓子)
□「アポロチョコレート」(明治製菓/チョコレート)1969
□「赤いきつね」(カップうどん/東洋水産/マルちゃん)1975
□「アヲハタ 55ジャム」(アヲハタ/ジャム・マーマレード)1970
□「アイスの実」(グリコ/一口サイズ「まるごとジェラート」)
アメリカンドッグ(ソーセージの串刺しをホットケーキミックスで揚げたスナック食/「フレンチドッグ」)

□「朝専用缶コーヒー」2003
杏仁豆腐(中国発祥デザート)
アイスバイン(ドイツ料理/塩漬け豚すね肉と野菜の煮込み/添え物「ザワークラウト」など)
□「アンメルツヨコヨコ」(小林製薬/外用消炎鎮痛剤(サリチル酸メチル)/「見えない肩こり薬」)
□「アースレッド」(アース製薬/ゴキブリ・ダニ燻蒸・燻煙式殺虫剤)1978
□「アースノーマット」(アース製薬/電子式液体蚊取り)1984
□「アースジェット」(アース製薬/家庭用殺虫剤)
□「アトリックス」(花王/ハンドクリーム)
□「アタック」(洗濯洗剤/花王/キャッチフレーズ「わずかスプーン1杯で驚きの輝きの白さを」/*類似商品「ザブ」「ニュービーズ」「ブルーダイヤ」)1987
□「アクロン」(おしゃれ着専用中性洗剤/ライオン/キャッチフレーズ「毛糸洗いに自信が持てる」)
□「アクアフレッシュ[Aquafresh]」(英・グラクソ・スミスクライン社の歯磨き粉ブランド/3色ストライプ「アクアフレッシュ3」)
□「アジエンス[ASIENCE]」(花王「ヘアケア製品」のブランド/シャンプー・コンディショナー)
□「アイボン」(小林製薬/眼病予防洗眼薬)
□「アリエール」(P&G/衣料用合成洗剤)*P&G=プロクター・アンド・ギャンブル
□「アクロン」(ライオン/おしゃれ着用中性洗剤/キャッチコピー「毛糸洗いに自信が持てる」)1963—
□「AXE(アックス)」(ユニリーバ男性用化粧品ブランド)
□「アラミス[Aramis]」(エスティローダーグループの男性化粧品ブランド)
□「アース渦巻」(アース製薬/渦巻型蚊取り線香由美かおる
□「アーム筆入」(サンスター文具/キャッチコピー「像が踏んでもこわれない」)1965
□「アラビックヤマト」(ヤマト/液体のり)
□「アイスノン」(白元/保冷まくら)1965
□「アメカジ」(「アメリカン・カジュアル」の略/「アイビールック:1960年代」~/アイテム:ジーンズ、チノパン、スウェット、スニーカー、スタジアムジャンパー、ウェスタンブーツ、ダンガリーシャツバンダナ/ブレザー、ポロシャツ、ローファー/定番アイテム:アディダスやケイパやリーボックのスニーカー、ジョッパーズ・パンツにハイソックス。あるいはジーンズにレッドウイングやチペワのエンジニアブーツをイン。MA-1ジャケット、NFLのチームシャツやラガーシャツ、ポロシャツ、SASのバッグなど)
□「アニエス・ベー[agnès b.]」(仏・ファッションブランド/ロゴはトカゲ)
アルマーニ[Armani]スーツ/アルマーニ・ジーンズ[Armani Jeans]
ストン・ボラージュ(DCブランド/KOHSHIN SATOH)
アツキオオニシ(DCブランド/ロマンティック系/*ゴスロリ・ファッション)
アトリエサブ(アパレル「DCブランド」)
アバクロンビー&フィッチ[Abercrombie & Fitch](米・カジュアルファッションブランド/通称:アバクロ/セレブ愛用カジュアル)
□「アンダーカバー(UNDERCOVER)」(ファッションブランド/高橋盾[Jun Takahashi]/裏原宿系ブランドの代表格ストリートブランド/「アンダーカバイズム」)
□「アルファ・キュービック(ALPHA CUBIC)」(アパレルブランド/柴田良三/70~80年代のファッションシーンを牽引)
□「イデアル」(洋傘メーカー/CM「なんである、アイデアル植木等
□「泡姫(アリエス)」(キラキラネームの一例)

□「アーミッシュ(Amish)」(アメリカ合衆国ペンシルベニア州・中西部などやカナダ・オンタリオ州などに居住するドイツ系移民(ペンシルベニア・ダッチも含まれる)の宗教集団/電気器具、自動車、電話などを一切使用せず、独自のコミュニティをつくり、おもに農業に従事し子供の教育も独自に行なう集団)
□「アセンション[Ascension]」(宗教・スピリチュアルの概念:①「天国に行くこと」②「キリストの昇天」③「惑星地球の次元上昇」/*③フォトンベルト(=宇宙の中に高エネルギーのフォトン(光子)が充満ている場所)に突入すること=アセンション
□「アンビバレント」(同じ物事に対して、相反する感情を同時に抱くこと/一人の人物について、好意と嫌悪を同時に持つこと)
□「青学短大は青短、山脇短大は赤短
□「アッシーくん」(=女性に自ら運転する自家用車で送り迎えを任される男性のこと)1989
□「アムラー」(安室奈美恵のファッションを真似た女性のこと/茶髪・細眉メイク/白の厚底ブーツバーバリー・ブルーレーベルのチェック柄ミニスカート/*「カハラー」=華原朋美のファッション)1996—
□「アララー」=アムラーになりきれていない女性のこと 1996
□「Iモード 妻にも欲しい 愛モード」(サラリーマン川柳)2001
□「赤信号、皆で渡れば恐くない
□「あげまん」(付き合った男性の運をあげる女性のこと/*花柳界(色街)の隠語)1990
□「アウトオブ眼中」=「眼中にない」「論外」「恋愛対象外」を意味する若者言葉 1996
アンダーグランド芸術(アングラ芸術)
□「アキシブ系」(渋谷系を源流とした音楽性やファッション性を持つ音楽が、アニメソングやアイドル歌謡として積極的に用いられることでアキバ系への浸透がすすむ現象・ジャンル/ヒャダインPerfumeなど)
□「あきらめリッチ」(バブル時代、あまりにも高騰した住宅の取得を早々に諦め、収入を貯蓄することなく、高級車など耐久消費財の購入や海外旅行に充てる刹那的な人)
□「青天井のタクシーチケット
□「アキバ系」=(秋葉原の文化を好み、「おたく」文化を求め集う人々のファッション傾向など/「A系」(*主にPC系やアニメ系のオタク)*「中野系」 )2004
□「アキバ系ファッション」=アキバ系(及びオタク)をイメージするファッション(バンダナ、リュックサック、ミリタリールック、チェックのシャツ、スリムジーンズ、アニメショップの紙袋など)*「電車男」2004
□「ageha」(ギャル雑誌「小悪魔ageha」の読者モデルのこと/「age嬢」)
□「アハ体験」(今まで分からなかったことがわかるようになった時の体験→脳活性化)
□「アイアイサー」(命令了解時の掛け声:「ホイホイサー」「ラジャー」「イエッサー」など)
□「アイ・アム・ソーリー・ひげそーりー
□「赤ヘル旋風」(広島カープ山本浩二、衣笠)1979
□「開けてびっくり玉手箱」(何が出るかは、開けてからのお楽しみ)
□「アジャパー」(伴淳三郎/映画「吃七捕物帖」(1951)の台詞「アジャジャーにしてパーでございます」を略したもの)
□「頭がピーマン」(ピーマンは中身がスカスカなので、脳みそがスカスカ=頭が悪いの意)
□「アミダばばあ」(明石家さんまひょうきん族」)
□「バンチュール[aventure]」(恋の冒険・火遊び・不倫など恋愛に関する「冒険・経験」/*ひと夏のアバンチュール)
□「アバンギャルド[avant-garde]」(①革新的・前衛的な芸術を行う人 ②新しい概念・先駆的な表現を試みる人)
□「アベック」(①男女の二人連れ ②二人そろってすること*「アベックホームラン」)
□「アンニュイ」(退屈)
□「アンノン族」(an・anやnon・noを読む女性)
□「(六本木)アマンド前で待ち合わせ
□「アラサー」(「アラウンドサーティー(around 30)」/30歳前後の女性)
赤文字系雑誌」(『JJ(ジェイジェイ)』、『ViVi(ヴィヴィ)』、『Ray(レイ)』、『CanCam(キャンキャン)』を指す言葉/ファッションは男受けするコンサバ系・キレイなお姉さんを目指す女性にピッタリ)
朝シャン」(朝起きてする洗髪のこと/*資生堂CM「朝のシャンプー」が由来/「ちゃん、リン、シャン」/リンスインシャンプー「リンプー」)1987
EMM」(=アーリー・モーニング・ミーティング=早朝会議)
ABC」(=アメリカン・ブラック・コーヒー)
アイコラ」(=アイドルコラージュの略、タレントの写真を利用した加工画像のこと/ヌードベースの首すげ替え(=コラージュ)/水着を裸体に書き換え(=レタッチ))1998
艶女アデージョ」=若い女性(コムスメ)にはない経験やテクニックをもつ大人のイイ女(モテる女)のこと(*女性ファッション雑誌「NIKITA」の造語)2004
艶男アデオス」=アデージョ(大人のいい女)がテクニックを駆使して手に入れるべき男性のこと(*女性ファッション雑誌「NIKITA」の造語)2004
アナドル」(アナウンサー・アイドルの略/(アイドル的な人気のあるアナウンサーのこと/*日テレ女子アナ3人組グループ「DORA」:永井美奈子藪本雅子・米盛麻美が元祖アナドル?)1992
油ギッシュ」(顔などが脂ぎっていること)
□「アムラー」(安室奈美恵のファッションを真似た女性のこと/基本スタイル:ロングヘア+細い眉+ミニスカート+厚底ブーツ/*「アララー」=アムラーになりきれていない女性のこと)
□「アラサー」(30歳前後[around 30]の女性/*アパレル業界の造語/ *派生語として「アラフォー(40歳前後女性)」「アラフィフ(50歳前後女性)」「アラ還(60歳=還暦)」)
□「アリギリス」(働くばかりでも遊ぶばかりでもなく、仕事も遊びもする人のこと)
□「アルハラ」(「アルコール・ハラスメント」の略/アルコール(酒)絡みの嫌がらせ)
□「アカハラ」(大学で教授が下の立場の教職員や生徒にする嫌がらせのこと/「アカデミック・ハラスメント」の略)1995
□「アングラ」(アンダーグランド[underground](「地下の」「秘密の」といった意味/秘密組織(地下組織)・反体制運動や前衛演劇・前衛美術/「アングラ族」「アングラ映画」「アングラ喫茶」/インターネット的には「違法アダルト画像」「無許可コピーソフト」などを指す)
□「バンチュール」(恋の冒険、火遊び、不倫など恋愛に関する「冒険・経験」)
□「アンノン族」(雑誌「an・an」「non・no」を持って買い物・旅行する女子のこと)1971
□「アキバ系」=(秋葉原の文化を好み、秋葉原に集う人のこと(アキバ系≠おたく)/*中野系=「まんだらけ本店」を中心とした中野ブロードウェイに集う人のこと)
□「あきすとぜねこ」(名前を数字化して答えを導く恋占いのこと/*占い結果の「愛してる」「嫌い」「好き」「友達」「絶好」「熱烈」「恋人」の頭文字)1988
□「アリギリス」(働くばかりでも遊ぶばかりでもなく、仕事も遊びもする人のこと)1988
□「アンマリ族」(結婚せず、優雅な独身生活を楽しむ人のこと/*「unmarried」:未婚・独身)1988
□「Iターン」(自分が生まれ育った故郷以外で就職すること)1990
□「油ギッシュ・脂ギッシュ」(顔などが脂ぎっていること/*「脂ぎる」+「エネルギッシュ」)1991
□「アルハラ」(酒絡みの嫌がらせ/「アルコール・ハラスメント」の略)1992
□「アンビリ・アンビバ」(超常現象/そういったことを体験したときに発する言葉)1992
□「あざーす」(「ありがとうございます」の略) 1997
□「アク代官」(鍋料理の際、灰汁取りを行う人のこと)1988
□「あけおめー、ことよろー」(「あけましておめでとう!今年もよろしく!」の略)2000
□「朝スポ」(出勤前にスポーツクラブに行くこと) 2000
□「アゲアゲ」(テンションがあがっている状態のこと/*「ノリノリ」)2001
□「アジドル」(①アジア出身の日本で活躍しているアイドル ②アジアで活躍している日本のアイドル ③アジアで人気のアジアのアイドル)2001
□「アシヤレーヌ」(兵庫県芦屋市の高級住宅地に住む奥様/*女性誌『VERY』による造語)2001
□「安全牌」(益も害も与えない人の例え/主に結婚のするのに無難な相手)2001
□「アレリーマン」(会話を「アレ」ばかりで済ませる人のこと(*SONYPSP脳力トレーナー ポータブル」のテレビCM用に作った造語)2005
□「アスドル」(スポーツ界でアイドル的存在の女性のこと(「アスリート・アイドル」の略/*空手・小林由佳、ビーチバレー・浅尾美和モーグル上村愛子など)2006
□「アニドル」(アイドル的存在の動物のこと/「アニマル・アイドル」の略)2007
□「アゲ嬢」=小悪魔ファッションの女性・女の子のこと(*バイブル雑誌「小悪魔ageha」)2008
□「厚姫」=自分の都合で周りを巻き込む厚かましい女性のこと(*NHKバラエティ番組「サラリーマンNEO」のキャラが由来) 2008
□「蟻女(アリージョ)」=小柄な女性のこと、大抵は身長155cm以下の女性(*「アリージョモデル」:益若つばさ、井上奈保)2008
□「あげぽよ」(テンションがあがっている状態のこと/ギャル用語) 2011—
□「アベノミクス」=安部総理が安部内閣で掲げた経済政策の通称2013」
□「I(アイ)」=中絶または出産を意味する隠語(*男女交際の隠語:A=キス、B=ペッティング、C=sex、D=妊娠、Dの膨らんだ部分を削除した形「I」を意味する))1970
□「あえん」=予測・想像が出来ないことが起きたときに発する言葉(「あり得ない」という語が崩れたもの)2004
□「ITする」=アイスクリームを食べに行くこと(Ice Taberu)*KY式日本語2005
□「アイパチ」=①人と目が合うこと ②瞬きをすること 2005
□「アウェイ」=①敵陣 ②場違いであること(*映画「電車男」で普及) 2005
□「ニート」=ニートな兄のこと 2005(*「アネート」は存在せず)
□「甘辛系」 =男っぽい物と女っぽい物を同時に着こなすファッション2005
□「RT」=様々な言葉の頭文字であり、それらの意味を持つ言葉(ex,①「類は友を呼ぶ=Rui wa Tomo wo yobu」②「ラジオ体操=Radio Taisou」③「ラーメン食べる=Raamen Taberu」④「路駐=RoTiyuu」など)2007
□「愛方(あいかた)」=恋人のこと。彼氏・彼女のこと2007
□「IK(あい・けい)」=思い通りにならず、気が焦る(苛立つ)さま(*「イラッとくる(Iratto Kuru)」の頭文字をとったアルファベット略語)2007
□「あなる」=理解した・合点がいったときに発する言葉(「あ~、なるほど」が略されたもの)2008
□「アシュラー」(阿修羅像が好きな女性のこと)2009
□「アモーレ」(恋人のこと。友達のこと[*長友佑友・平愛梨])
□「アンチテーゼ」(独語/テーゼ(命題)に対する反対の命題=「アンチ・テーゼ」/ある主張に対してそれを否定する内容の主張)
□「アッチョンブリケ」(漫画「ブラックジャック」のピノコが驚いた時につかうコトバ)
□「アウトオブ眼中」(「眼中にない」「論外」)
□「赤電車」(終電のこと。遅くまでいる客のこと。)
□「アカハラ」(アカデミック・ハラスメントの略/大学で教授が下の立場の教職員や生徒にする嫌がらせのこと)
□「アグリー」=支持する、同意する
□「アサイン」=割り当てる、任命する
□「アジェンダ」=計画、予定表
□「アジャイル」=俊敏な、すばやい(柔軟な情報システムや、効率的なシステム開発手法)
□「アセット」=資産、財産(ビジネス上の強み)
□「アライアンス」(=提携先/*ex.航空会社の国際的アライアンス:(a)スターアライアンス[全日空シンガポール航空ユナイテッド航空・ルフトハンザ航空ほか28社 (b)スカイチームエールフランス・KLMオランダ航空・デルタ航空ほか20社 (c)日本航空キャセイパシフィック航空・マレーシア航空ほか17社]
□「明るいナショナル♪
□「IとYOUでWe」(サントリー「オールド・ウィスキー」/KONISHIKI)1998
□「明日、銀座から都電が姿を消す」(キャノン) 1967
□「あなたは? あなたも? もうひとごとではないパンタロン」(京王)1969
□「愛のスカイライン」(日産プリンス自動車販売) 1969
□「愛情はつらつ」(丸井)1972
□「アリガトウ母ナル地球」(伊藤忠商事)1974
□「アイ・アム・ア・チャンピオン」(明治生命)1975
□「あっ、風がかわったみたい」(伊勢丹)1978(昭和53)
□「あツ コピーが通って行く」(ゼロックス)1978
□「ああ、スポーツの空気だ」(伊勢丹)1979
□「アサーッ」(カゴメ)1983(昭和58)
□「遊んでくれてありがとう ぼくは石油にもどります」(東芝) 1993
□「あの事件の夜、父は現場から帰ってこなかった」(ニコン)1995
□「アクセントは頭につけるんだ」(東京総合信用)1996
□「あしたのために、いまやろう」(トヨタ自動車)1996
□「あっ、なまはげだ。本当にいるんだ。」(秋田新幹線こまち)1997
□「あなたが気づけばマナーは変わる」(日本たばこ産業)2003
□「明日があるさ」(日本コカ・コーラ)2000
□「あーらよっ!出前一丁」(日清食品出前一丁」)
□「朝ごはん、ちゃんと飲んでる?」(味の素「クノールカップスープ」/小泉今日子
□「アルシンドになっちゃうよ~」(アデランス/アルシンド
□「愛していると言ってくれ」(TBS)1995
□「愛だろっ、愛」(サントリー「カクテルバー」/永瀬正敏
□「ああいえば上祐」1995
□「あんた、あの娘のなんなのさ」(ダウンタウン・ブギウギ・バンド港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」)1975
□「アンタが主役」(サントリー
□「愛のスカイライン」(日産)
□「当たり前田のクラッカー」(前田製菓藤田まこと
□「愛だろっ、愛」(サントリー/カクテルバー:永瀬正敏
□「I feel Coke.」(コカ・コーラ松本孝美)1988
□「あっしにはかかわりのねえことで」(木枯し紋次郎
□「アムロ行きまーす!」(機動戦士ガンダムパイロット「アムロ・レイ」の名セリフ)

 

いかがでしたでしょうか?

それではまた。

***************

YouTube】世界有数のメガポリス「東京」イメージ動画
「TOKYO,TOKYO,TOKYO ! 」 (over 2,000 TITEL)

youtube.com